月城文庫
お人形とかえるのぬいぐるみとなんでもない毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

落涙。

今日はこどもたちの話題はお休みです。

で、まんがのこと。
待ちに待っていた『チキタ★GUGU』の最終巻が出ていました。
……待ちに待っていたわりに、発売日を逃しまくってますが気にしない。

本当に、本当に大好きな作品です。
うちにまんがを1種類しか残してはいけないといわれたら、迷わずこれを選びます。

チキタ★GUGU 8 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)チキタ★GUGU 8 (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)
(2008/03/07)
TONO

商品詳細を見る


「不味い」人間チキタ・グーグーと、人喰い妖怪ラー・ラム・デラルの物語。
幼い頃、家族をみんなラー・ラム・デラルに食べられてしまったチキタですが、
あまりにも不味かったため、食べられずに生き残ります。
「不味い人間を100年飼育すると美味しくなる」という人喰い世界の伝説(?)を知ったラーは、チキタを美味しくしようと計画します。
そこから、彼らの奇妙な「100年」の生活が始まりました。



ほわほわで可愛らしい絵で、人間たちの厳しい現実や残酷な運命が描かれています。
チキタとラー、ふたりの間には次第に絆ができていくわけですが…
けして、いいことばかりではありません。
辛いことも、醜いことも、たくさん見ます。
親しい人たちをたくさん亡くします。
人喰いって? 人間って?

生きることと、死ぬこと。
1冊ではそんなに厚みのないまんがで、全8巻。そう長くはありません。
けれど、とても大きくて重いテーマがしっかりと描かれていると思います。
登場人物ひとりひとりが、それぞれに関わり合いながら過ごすうちに、少しずつ変わっていきます。
人は、見えなかったことを見ることができるようになるのですね。

最終巻を読みながら、涙がはらはらと落ちました。
生きるってどういうことだろうか。
そして、死ぬときには、何を思うだろうか。

「100年」の、本当の意味を知りたいかたは、ぜひ読んでみてくださいね。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/02(土) 21:41:57|
  2. ドール以外のこと
  3. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/02(土) 23:18:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>?さま
コメントありがとうございました!
興味を持っていただけて嬉しいです(^^)
ぜひぜひ1巻から!
  1. 2009/05/03(日) 21:59:23 |
  2. URL |
  3. 月城 #bPjGtGq2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。