月城文庫
お人形とかえるのぬいぐるみとなんでもない毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お寺お寺。おやつおやつ。

拍手ありがとうございました!
お返事は、ひとつ前の記事に書かせていただきました。

さて。

また間に関係ない記事をはさんでいますが、
金沢旅行の続きです。
これで最後。

二日目は、妙立寺(みょうりつじ)というお寺を見学してきました。
ここは、別名「忍者寺」といいます。
造りが大変複雑です。
それには理由がありました。
(お寺内部は撮影できませんので、外観をどうぞ)

rDSC_0266.jpg

さて、徳川幕府が盤石たるために、諸国諸大名に難癖つけては藩お取り潰しをしていたころ。
加賀藩三代目の前田利常公は、お国を守るために備えておりました。
表向きは従順と「バカ殿」を装い、幕府を安心させておきながら、
城下に寺院街をつくり、万が一に対応するため、大勢の武士が起居できるようにしました。

当時、幕府からのお達しで、三階建て以上の建築は禁止だったそうですが、
この妙立寺、表向きは二階建て、内部は四階七層、隠し扉に隠し部屋、隠し階段に落とし穴、まるで迷路という複雑な構造です。
外敵の侵入に、いち早く気づける工夫もしてあります。
いざ攻め込まれたときに、受けて立つ気満々の気概がうかがわれますね。

ちなみに、複雑な構造から「忍者寺」の異名を取りますが、
忍者とは何の関係もないそうです。

そんな中にも、大大名加賀藩らしい、風雅な茶室や井戸、太鼓橋なども作られています。
その写真もないので、代わりに緑のお庭(の一部)をどうぞ。

rDSC_0264.jpg

幸いにして戦禍に遭うことはなかったようです。
静かに、加賀藩の繁栄を今に語り継いでいます。

加賀藩のお城、金沢城は平地にあり、まっすぐに攻め込まれるとひとたまりもない立地です。
そのため、お城を囲む川を背中に、寺院を連ねて守りの要としたらしいです。
どれくらい寺院があるかというと。

rDSC_0268.jpg

密集しとります。
(↑写真をクリックすると、大きくなるよ!)
この地図の下方に、お城が位置しています。

という感じで、妙立寺がとっても楽しかったです!
長くなりましたので、ほかはささっと。

妙立寺から金沢の中心街に戻るときに、偶然立ち寄ったのがこちら、

rDSC_0272.jpg

静寂なたたずまいの「宝勝寺」にありました、カフェです。
お寺カフェ~! いい雰囲気です。

rDSC_0277.jpg

入口やテーブル、お手洗いなど、いたるところにお庭で摘んできたお花が飾ってありました。
さすがお寺、ゆったりくつろげる素敵空間。
コーヒーを注文したら、クッキーとチョコレートがついてきた(*´▽`*)♪

rDSC_0270.jpg

別のお寺の入口で、かえる発見!

rDCIM0227.jpg

和風なカフェで、ぷるぷる~のくずもちをいただいたり。

rDSC_0355.jpg

大通りに面したホテルのカフェのオープンテラスで、優雅にケーキをいただいたり。

そんなことをしていたら、予定の飛行機に間に合わなくなってしまったり…(:;)
予約を変更して、さらにお散歩していたら、

rDSC_0359.jpg

ショーウィンドーの向こうに、かえる発見!

rDSC_0369.jpg

金沢市を後にして、バスに揺られて小松空港へ。
予定より遅れたため、日本海に沈みゆく夕日を見ることができました。

楽しかった金沢。
いいお天気にも恵まれました。

お城があって、歴史があって、小さな王国みたいな金沢でした。
また行きたいな。


スポンサーサイト


  1. 2014/05/30(金) 22:39:47|
  2. ドール以外のこと
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。